解体機・建設機械・設備レンタル

スタッフブログ

年末の大掃除はお済みですか☆彡

こう見えて(どう見えて?)掃除が大好きなフロント男でございます☆彡

とあるライトバンのキャッチコピーで「商売に大切なのは地盤・看板・〇〇〇バン」と言うのがありましたが、社用車って走る看板と言われたり、また社用車が綺麗か汚いかでその会社の雰囲気や考え方が垣間見れると某有名サイトの記事で書かれていたりと社用車って地味な存在ですが意外と大切なツールなんですよね。

そう言えばちょくちょく借りている管理部のプリウスは昨年は管理部の洗車年だったので、今年はフロントの当番・・・・

てな訳で今回はフロント男が洗車させて頂きました☆彡

天然素材をふんだんに使用して艶消しホワイトに全塗装されたプリウスの車体は卵の殻のような滑らかな白さを誇っております。

そんな卵の殻にマヨネーズのごとく3Mのコンパウンドをマヨネーズのようにぶっかけて全力で磨く・・・

左が施工済、右は未施工・・・

うん、分からないので角度を変えての撮影にて施工前と施工後を比べてみると~~

卵の殻が剥けて景色が映るようになりました☆彡

また、昨今の車は紫外線やばい煙、樹脂の劣化によりヘッドライトが黄ばんでしまう傾向がありますが、ヘッドライトの黄ばみはコンパウンドで削り落とせばきれいになりますよー☆彡

洗車のついでにバンパーやボディについた傷の修復もやってしまいます☆彡

最初は紙やすりでササクレを削り落とし、バンパー用のパテを盛って平になるまで削って塗装・・・

コレ、一見すると素人には難しいと感じますが、実はかなり簡単なので気になる方は挑戦してみて下さい☆彡

あ、メタリックやパール塗装の車は個人的にはオススメしません←失敗した経験のある奴

必要なのは

①紙やすりとやすりに使うパッド

②バンパー用パテ

③脱脂スプレー(パーツクリーナーでもOK)

④スプレー塗料(フロント男はタッチペン用スプレーを使用)

⑤ぼかし剤(なくてもOK)

⑥周りを囲うための古新聞やマスキングテープ(なくてもOK)

⑥やる気(なるべくあった方が良い)

 

クルマの汚れや艶が無い状態と言うのは非常に簡単なメカニズムでして、

洗車しただけの状態よりも研磨を行った方が更に美しくなるというのは、劣化した塗装を剥ぐことで新車当時の色合いを再現することにつながるので、是非とも洗車の際には軽くコンパウンド入りのワックス等を用いることをお勧めします☆彡

さて、折角研磨をして新車当時の塗膜層まで出したので~~

久し振りの曝露チャレンジ企画を( *´艸`)

Aゾーン:リンレイ製「水アカ一発・ホワイト用」

コンパウンド入りの液体ワックスなので水垢落としは勿論、劣化塗膜剥がしからワックスまでコレ一本の優れモノ。参考価格¥600~

Bゾーン:シュアラスター製「ゼロウオーター」

ワックスの大御所であるシュアラスターが作る光沢が半端ないガラス皮膜を再現するコーティング剤です。参考価格¥2500~

Cゾーン:シュアラスター製「マンハッタンゴールド」

シュアラスターの定番クラス。コンパウンドを含まない固形ワックスの雄。天然カルナバ蝋を多く含む逸品です。参考価格¥2300~

Dゾーン:ザイモール製「チタニウム」

製品の一つ一つにシリアル番号が入る天然素材100%の高級ワックス。カルナバ蝋の含有率はトップクラスの実力とは?参考価格¥12000~

Eゾーン:プロスタッフ製「CCウオーター」

ゼロウオーターと同じく激しい艶を生むガラス系被膜を作るコーティング剤、ライバル「ゼロ」との差はいかに?参考価格¥1990~

Aゾーンは他の部位と比較して紫外線に曝される率は高いのですが、劣化が遅い樹脂部分なのでハンデゼロというコトで。

「高いから良い」というモンじゃない事を実証できるといいなぁ~(*´ω`*)←庶民代表

今回はまた1年ほどの長期放置(?)となるので、結果をお伝え出来るのは来年の今頃でしょうか?

それまでにオカマ掘られないことを祈る(;´-ω-)

 

 

【2020年12月追記】

一年間洗車されなかったプリウスは~~・・・・

また卵殻を纏ってしまい・・・

ワックスの区別付かないほど激しく汚れておりました( ;∀;)

萩原商会へのお問い合わせは、お電話
もしくは下記のフォームからお願いします。

営業時間 8:30 〜 17:30(日・祝除く)
※九州地区 営業時間 8:00 〜 17:00(日・祝除く)

事務所一覧 お問い合わせ