解体機・建設機械・設備レンタル

スタッフブログ

お久し振りのSuperピン抜き棒

無いものは作ればイィ♪と思っている後先考えないフロント男でございます。

今回、以前からちょくちょくお問合せやご相談を頂いておりましたSuperピン抜き棒を装いも新たに作成致しました☆彡

本当はもっと早く作るべきだったのですが、皆様がお求めやすいお値段でご提供するというポリシーを持っているため鉄鋼製品が高い間はなかなか手が出なくて(><;)

Superピン抜き棒とは、アタッチメントの脱着を行う際、取り付けピン叩き抜くための棒ですが、ぶっちゃけこの「棒」も材質や重さ、形状によって疲労の度合いが大きく変わるし、また作業効率もかなり変わるので、先ずはピン抜き棒がピン抜き棒であるための3カ条を下記にご案内を致します☆彡

その1、硬質でありながらも欠けたりしない鉄の棒である

硬くなければ叩いた時の力が分散したり鉄そのものに吸収されてしまう。

更に硬すぎると欠損した場合、破片がグリス溜まりに残ったら大変なことに・・・

その2、とにかく真っ直ぐな棒

少しでも曲がったり湾曲していたら掛けた力が分散してしまう。

その3、適度な重量

叩き棒そのものに重さが無ければ人力が全てになってしまうので、適度な重量が必要になりますが、重過ぎるのは逆に使いにくくなります。

更にHAGIHARAではお求めやすいお値段にするため・・・

S45Cの磨き丸棒を自社にてカットしております☆彡

商社様にカットして頂くとカット費用だけで1本800円以上になってしまうので、自社カットをすることで原材料費を抑えてお求めやすいお値段を目指しております。

しかし・・・

さすが炭素鋼、メチャ硬い(><;)

そしてカットした部分を面取りしてから錆止めの塗装を行うのですが、一般的な黒や白って現場に置いておくと景色と同化してしまい紛失の元になるので、Super叩き棒は現場になかなか無い色合いと言う事で「いすゞマリンブルー」で塗装いたしております。(尚、あくまで錆止めなので塗装品質には触れないで欲しいぃぃぃ)

塗装が終わったら今までは注意ラベルを貼るだけでしたが、今回のSuper叩き棒Ⅱ(あれ?名前変わった?)は紛失防止の為、高輝度リフレクタと高蛍光テープで存在感をアピールしております。

実はこれ、紛失防止でありながらも薄暗い時間帯での叩き作業の際にも目立つので安全作業に一役買っております♪♪

因みにこれはトラックの後部リフレクター補修テープを使用することでコストダウンを図っております☆彡

今回作成しました寸法は

【0.18~0.25クラス用】30φ 900~1000L寸 約5kg物

【0.4~0.7クラス用】36φ 900~1000L寸 約7.5kg物

を作成しましたが「もう少し長い方が・・・」と仰る貴兄に各1本限定で1100L寸をご用意致しました(お値段は変わりません♪♪)

売り切れるまではHAGIHARAの本社販売コーナーに置いてありますので、お近くにお越しの際には是非ともお立ち寄り頂きましてお手に取ってみて頂きたいと思います☆彡

大丈夫!押し売りしませんから(笑)

因みに取り扱いのご注意ですが、

①曲がったら効果半減してしまいますので曲げないでください。

打撃面の減少と言うよりも力の伝わり方が変わってしまうんですよね。

なので曲げないように大切にしてやってください(祈)

 

②ピンの中心をまっすぐに叩いて下さい。

 

中心がずれるとダストシールやブッシュを叩いてしまい、余分な修理や最悪の場合アタッチメントの交換が出来なくなってしまいます。

必ずピンに向かって真っすぐ水平に叩いて下さい。

③バリはこまめに取り除いて下さい。

バリが出たまま使用すると、バリが欠損してグリスに混入しピンやブッシュの摩耗を早める危険性があります。

またアーム先端内部で引っかかる為、ブッシュやダストシールを傷める危険性が伴います。

グラインダー砥石などでバリ取りをして下さい。

④叩く用途以外の使い方をしないでください。

叩き棒でアタッチメントを吊り上げると、曲がってしまう以上に大変危険なので絶対に行わないでください。

あと、強盗など犯罪に使わないでください←ピン抜き棒には威嚇力はありません

萩原商会へのお問い合わせは、お電話
もしくは下記のフォームからお願いします。

営業時間 8:30 〜 17:30(日・祝除く)
※九州地区 営業時間 8:00 〜 17:00(日・祝除く)

事務所一覧 お問い合わせ